地図表示

NAVIEWシリーズでは「地図の表示」を、それ自体が目的であるだけでなく、情報へ誘導する為の手段であると考えています。だからこそ地図の表示は簡単に且つ軽快に行える必要があります。

NAVIEW 地図の移動&ズーム機能

移動&ズーム

NAVIEWシリーズでは地図の移動とズームに複数の方法を提供しています。

移動は地図のドラッグ/クリック、移動ボタンと小地図のクリックで行えます。ズームは拡大/縮小ボタンと数値のクリック。移動とズームを同時に行える虫メガネツールもあります。

また、移動ボタンと拡大/縮小ボタンは押したままにする事で連続的に移動/ズームが行えます。

NAVIEWの地図レイヤ

地図レイヤー制御

地図は余り細かな表示になると見辛くなりますので、倍率によってレイヤ毎に表示/非表示を切替えられます。この指定は、連続移動時の表示レイヤと共に地図設定ファイルの指定で行えます。

またグループに関連付けて詳細な地図を表示する「追加マップ」や高低差を表す等高マップなどを条件によって追加で読み込み、表示する事も出来ます。

NAVIEWのアイコン

アイコン

アイコンはFLASHのアイコン・ファイルの各アイコンを、テキスト情報の緯度経度とアイコン番号を元に、地図上に複製して表示します。インターフェース、地図、アイコン、位置情報が独立しているために、FLASHを編集することなく、地図上にアイコンを配置する事が出来ます。

また、アイコンの位置は地図と連動して移動しますが、大きさは地図が拡大されても一定値を保つように調整されます。1000個以上のアイコンを配置しても、地図を拡大すると重ならないように表示されます。

NAVIEWの表示領域変更機能

表示領域

地図の表示領域はコンテンツ表示部の表示/非表示の切替で約2倍に拡大することができます(フルマップ機能)。またアイコンのクリックなどでコンテンツを表示する時には自動的にコンテンツ欄を表示。大きな地図で場所を確認しながら、コンテンツをスムーズに閲覧することができます。

CMS+FLASHのWEBシステム 写KIT

NAVIEW